自己紹介

管理人 實本 正樹 (じつもと まさき)
情報発信地 京都府宇治市
資格等 気象予報士
気象防災アドバイザー 
主な撮影機材 スチルカメラ
 ☆ボディNIKON
  D7200,D7500
 ☆交換レンズ
  SIGMA 150-600mm 1:5-6.3
  TAMRON 70-300mm1:4-5.6
  NIKON 18-300mm 1:3.5-6.3
  TAMRON 18-200mm 1:3.5-6.3
  NIKON 18-140mm 1:3.2-5
  TAMRON 90mm1:2.8MACRO
  TAMRON 10-24mm 1:3.5-4.5
  SIGMA 10-20mm 1:3.5
  NIKON 10-20mm 1:4.5-5.6

アクションカメラ
  SONY HDR-AS300R
スチルカメラ
 ☆ボディSONY
  ZV-E10,NEX-3,NEX-7
 ☆交換レンズ
  SONY 16-50mm 1:3.5-5.6
  SONY 18-55mm 1:3.5-5.6
  SONY 55-210mm 1:4.5-6.3
  SONY 30mm 1.3.5MACRO
  SONY 11mm 1:1.8
  SONY 16mm 1:2.8
  TAMRON 18-300mm 1:3.5-6.3

ビデオカメラ
 SONY HANDYCAM
  HDR-PJ590
  FDR-AX45
 JVC GZ-980-A

 
過去の記録へ
2024. 1 2024. 2 2024. 3 2024. 4 2024. 5 2024. 6            
2023. 1 2023. 2 2023. 3 2023. 4 2023. 5 2023. 6 2023. 7 2023. 8 2023. 9 2023.10 2023.11 2023.12
2022. 1 2022. 2 2022. 3 2022. 4 2022. 5 2022. 6 2022. 7 2022. 8 2022. 9 2022.10 2022.11 2022.12
2021. 1 2021. 2 2021. 3 2021. 4 2021. 5 2021. 6 2021. 7 2021. 8 2021. 9 2021.10 2021.11 2021.12
2020. 1 2020. 2 2020. 3 2020. 4 2020. 5 2020. 6 2020. 7 2020. 8 2020. 9 2020.10 2020.11 2020.12
2019. 1 2019. 2 2019. 3 2019. 4 2019. 5 2019. 6 2019. 7 2019. 8 2019. 9 2019.10 2019.11 2019.12
2014. 1〜2018.12の記録へ
2009. 1〜2013.12の記録へ
2006. 1〜2008.12の記録へ
2002.11〜2005.12の記録へ


2024.6.30
 この四月から新しい取り組みがいくつもあり、なかなか忙しい日々が続いています。新しい取り組みのひとつである高槻市でのお仕事、この度、高槻市の広報誌『たかつきDAYS(広報たかつき)令和6年6月号』に掲載していただきました。クローズアップ1 「避難はいつ、どこに?」の記事内です。記事はpdf化されています。よろしかったらお目通しください。
https://www.city.takatsuki.osaka.jp/uploaded/attachment/42596.pdf
   

2024.5.31
 今年度から勤務校で新しく立ち上げた学校設定科目がなかなかいい感じです。初年度から受講登録者は100名を超え、スクーリングでは、教室ほぼ満杯状態となっています。準教科書として、ユーキャン自由国民社から2023年5月に発刊された「よくわかる天気・気象」を用いています。書店に並んでいますのでよろしかったらご覧ください。僕が書いたのは、272ページ中の4ページ文だけですが・・・。
   

2024.4.30
 年度が変わって早、ひと月。あわただしく時間が過ぎていきます。あまりこのようなことは思わなかったのですが、加齢とともにさまざまな処理速度が落ちているのでしょう。これもこれまで思わなかったことです。まぁ愚痴を言っても仕方ないので、前向くしかないですね。今年はどんな一年になるのやら。
 このホームページ、フレーム設定にしていましたが、フレームなしのサイトに戻しました。この方がすっきり見やすいかも知れません。
   

2024.3.31
 年度末。毎年やってきますが、今回はなかなか大変でした。昨年は勤務校の時間割に不具合が多数あり、ご心配ご迷惑をかけてしまったので、今回は間違いがない(少ない)ものを作成しようと時間を要しました。ちゃんとできたかは、年度が明けないとわからないところですが・・・。
 忙しい年度末ですが、ノートパソコンがなんとクラッシュしました。以前から、本体側とモニター側に亀裂が入り、危ないと思っていましたが、キーボード本体とディスプレイをつなぐコード1本が断線し、画面が見えなくなりました。データは外付けハードディスクに何とか取り出せましたが、このような事例では保証も物損保険も効かないので痛い出費となりました。そんな7トラブルの最中、今度はスマホに不具合が生じました。画面はモノクロにしか表示されなくなるトラブルで、こちらはドコモの交換サービスで数千円の出費にとどまりましたが、データ取り出しやアプリの再インストールで時間を要しました。
 忙しい年度末ですが、人との別れもあるこの時期、悲しくもあり惜しくもあり、なんとも言えないものがあります。前向くしかない。ですね。
   

2024.2.29
 2月25日(日)、日本気象予報士会第16回研究成果発表会が開催されました。今回は、「地球歳時記2023 〜気象衛星ひまわりが捉えた雲や現象〜」の題目で発表させていただきました。今回のZOOM開催でした。過去二年間、気象庁ホームページ画像を動画化した内容でしたが、今回は、ひまわり画像に限定し、季節ごとに並べました。四季折々の雲の姿がテーマでした。
   

2024.1.31
 青春18きっぷを使って旅をしてきました。今回は、東海道本線から常磐線、東北本線、陸羽東線、奥羽本線、東海道本線です。すべて普通列車に乗らず、ところどころ新幹線を使いました。初日はいわき市に職博しました。メヒカリという深海魚、美味しかったですね。沼津ではトロボッチと呼ばれたと思います。復興飲食店街,夜明け市場があり、次回は訪れたいところです。翌日、仙台付近まで常磐線に乗りました。双葉町、浪江町など福島第一原発事故で最後まで不通となっていた区間です。線路わきにまだ残土が残されたままになっているところもありました。
 東北では、鳴子温泉と赤湯温泉に宿泊しました。東北の温泉は、どこもいいですね。何度でも訪れたいところです。近いうちに今回の鉄旅の様子などを公開しようと思っています。
   

2023.12.31
 2023年が終わりますね。今年は3月に車両入れ替えし、日本全国あちこちを巡ることができました。走行距離は、この12月末で2万kmを超えました。来年も事故なく、また病気や怪我などもなく過ごしたいですね。
 この2023年は、気象庁ホームページの画像をたくさん動画化しました。家にいてもなかなか忙しい。いつまでできるんでしょうか。まぁ、できる範囲で来年も取り組もうと思っています。
   

2023.11.30
 ついこの前まで暑かったのですが、11月に入り、冬めいてきました。台風シーズンは、気象衛星ひまわりの画像収集で忙しくなりますが、冬もまた忙しくなります。日本海の筋状の雲や寒冷渦、JPCZ、また済州島風下などで発生するカルマン渦や黄砂などなど興味深い事象は尽きることがありません。
   

2023.10.31
 別サイトの「空と雲のページ」 http://jitsumsk.com/sora/index01.html の更新をすすめています。このサイトは、自分で撮影した空や雲などの動画のほか、気象庁HPから得た画像を動画化したものを掲載しています。
これらは、ファイルサイズが大きいので、YouTubeに開設した「天空大気jtmチャンネル」 http://www.youtube.com/user/jtmsk にあげ公開しています。よろしかったら、これらサイトもご覧ください。
   

2023.9.30
 九月秋、また東北に行ってきました。今回は、仙台、松島、鮎川、金崋山、女川、山寺、鳴子、蔵王山・・・と、宮城県と山形県を巡りました。鮎川の鯨、女川のホタテなど、海産物!美味しいですね。また訪れたいと思います。帰りは、日光東照宮に立ち寄りました。猿や猫の彫りものや金色や白色に彩られた社殿、一個人を祀った神社ですが、まさに神なのですね。おみくじを引きました。おそらく十年ぐらいは引いたことがないのですが、なんとなく100円だったので引いたのですが、なんと”凶”でした。あるんですね。凶って。まあ、今が一番しんどい時、このあと運勢は上がる一方なのだろうと、良いように解釈しました。
   

2023.8.31
 今年の夏は、東北に出かけて来ました。鳴子、八幡平ふけの湯、玉川、酸ヶ湯、恐山・・・とたくさんの温泉を巡りました。下北半島の恐山は、かねてから訪問したいところでしたが、やっと訪れることができました。ブラタモリで紹介されていましたが、恐山の境内の中に温泉があり、拝観料500円だけで温泉にも入れました。少し熱めの硫黄泉で今回の温泉巡りでは最も印象に残りました。
 東北は、まだまだ2011年の地震の影響が残っていますが、また訪れて復興の支援をしたいと思いました。
   

2023.7.31
 今年2023年、梅雨期は梅雨入りが早めで梅雨明けが遅め、また線状降水帯が発生するなど、列島各地で大雨となりました。被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。また、台風は7月末までで第6号まで発生と現在のところ少なめです。太平洋日本近海の海面水温は高い状態が続いていますので、今後、たくさん発生かも知れませんね。
 気象庁ホームページから気象衛星ひまわりの画像が入手できますが、梅雨前線の動きや、台風の発生発達衰退、太平洋高気圧下、各地で発生する熱雷などこの時期も大変興味深いです。
   

2023.6.30
 「手作りホームページ集」さまと相互リンクを貼らせていただきました。業者に頼らず、独自でサイトを運営しているホームページを紹介されているサイトです。それにしても、よくまぁ、僕のページを見出してくださったものです。感謝です。
 この「稜線の記」は当初、主に山歩きの記録を綴っていましたが、サイト開設から20年以上が経過し、ホームページとタイトルとは、違ったコンテンツが増えています。サイトの名称には、思い入れもありますし、まぁ、このままのスタイルで行こうと思っています。どうぞみなさま今後ともよろしくお願いいたします。
   

2023.5.31
 今月、5月19日にユーキャン自由国民社さまから、「よくわかる天気・気象」を発刊していただきました。272ページのうち、4ページ分を執筆分担しました。この書籍、監修は(一社)日本気象予報士会で、著者は主筆の大西晴夫先生、他26名の有志グループです。マンガや図解、写真や画像も多く、天気や気象のことがとてもわかりやすい一冊だと思います。書店に立ち寄られたら、是非、お探しして見てください。
   

2023.4.30
 昨年8月から今年3月まで、およそ半年間続いた令和4年度気象防災アドバイザー育成研修を修了し、今年4月1日付けで気象防災アドバイザーの委嘱を受けました。現職を兼ねながらどこまでできるか、やってみないとわかりませんね。アドバイザー育成研修を通して、キキクルや河川、地形など改めて知ることができました。
   

2023.3.31
 年度末は忙しい!今年も時間割を作成しました。これまでの学校と異なる点は、時間割が一週間単位ではなく、一年間分すべてを作り終えてしまうことです。学校によって様々違いがあることは知っているつもりでしたが、なかなか大変な作業でした。授業が始まってからいろいろ不都合が見えてくることでしょうから、その修整・訂正も大変だろうと思います。
 忙しい中、3月24日(金)、車両入替をしました。80系VOXYから、新型の90系VOXYに、ナビとテレビに不具合があるようで、部品取り寄せ中とのことです。今度のはハイブリッドなのでガソリン代が安くて済みそうです。
   

2023.2.28
 26日(日)、日本気象予報士会第15回研究成果発表会がZoom開催され、「気象庁ホームページ画像の動画化−第2報−」という題目で発表しました。昨年に引き続く内容で、今回は、【マルチ画面】を主旨としました。マルチ画面とは、複数の動画をひとつの画面内で同時展開させたものです。要するに”語るより見るが早い”ということです。画像の出典はもちろん気象庁ホームページです。本当にお世話になっています。
   

2023.1.31
 今月月末は、なかなかの寒波でした。京都市は年に数回の積雪がありますが、24日17時過ぎは暴風雪となりました。ちょうど帰宅時間で、勤務先からJR二条駅に向かいましたが、傘がさせないほどの雪を伴った強風でした。JR嵯峨野線は、倒竹のため、運転見合わせで、駅は大混乱。18:00になって京都市営地下鉄の振替輸送がはじまり、JR京都駅に向かいましたが、JR奈良線もJR東海道線も運転見合わせ、東海道線ホームへは入場制限もあり、とんでもない大混乱でした。しばらくヨドバシカメラで時間を過ごした後、JR奈良線で帰宅しました。あとから調べるとこの時間帯で運行したのは数本のみだったようで、まぁ大変でした。
   

2022.12.31
 2022年が終わります。今年は、世界でいろいろ変化が多い年でした。本当に困ったものです。私的にも変化が多かったですが、結局のところ、やっていることに変わりはない。でしょうか。特に今年はYoutubeに動画を多数挙げました。自分で撮影したものもありますが、気象庁ホームページの画像を動画化しました。画像データはたくさんあり、時間とともにデータは更新されるので留めておきたい思いからはじめました。こちらもよろしかったらご覧ください。
   

2022.11.30
 Twitter、はじめました。使い方、いまひとつ、よくわかっていませんが、よろしかったらご覧ください。Twitterでは、様々な人がツイートされていますね。情報収集に役立っています。
 今年はなかなか紅葉狩りに行く時間がありません。秋にはしっかり撮影を・・・と、思っているうちに冬が来ます。季節の移り変わりが早く感じられます。
   

2022.10.31
 この夏、青春18きっぷを使って”旅”をしました。このときの様子をYoutubeに挙げています。普通列車での旅なので、一駅または二、三駅ごとの公開です。動画を作る方はそれなりに楽しいのですが、こんなの見てくださる人、いるのかなぁ?まぁ、それなりに視聴回数はあるようです。視聴していただいている方、ありがとうございます。
   

2022.9.30
 小説 君の名は。を読了しました。新海監督の作品です。おもしろいですね。流石です。糸守町はどこの町を想定されたものか気になりました。残念なお知らせがあります。弊HPを開設後、お世話になっていたtea.cup掲示板ですが、2022年8月1日をもってサービス終了となりました。当HP,稜線の記は2002年8月28日に開設し、今年で20年目を迎えたのですが、tea.cup掲示板は25年の歴史があるとのことでした。確かにここ数年、利用がなかったですね。この稜線の記は、ひと月に一度の月末に更新するようにしていますが、細々ながら継続したいと思っています。
   

2022.8.31
 この夏、長野県大鹿村の鹿塩温泉に行ってきました。大塩村は、九州までつながる中央構造線の東の端にあります。巨大断層の上にこの地はあるため、地下からの物質が上昇しやすく、海から遠く離れているにも関わらず、塩分濃度の高い温泉が湧いています。村には「道の駅 歌舞伎の里 大鹿」があり、昭和36年長野県天竜川流域を襲った「三六災害」で崩れた露頭を観察することができました。また、大鹿村中央構造線博物館では西日本内帯(領家帯)と外帯(三波川帯)などの岩石の紹介や展示、地震と活断層、山崩れと砂防の展示室もありました。大変勉強になるいいところでした。
   

2022.7.31
 勤務校のたよりで、.《高校時代の夏休みといえば思い出すこと》を書きました。こちらでも紹介したいと思います。
〜ここから〜
 高校生の頃、自転車好きで、伏見区に住んでいましたが、京都市内に行く時はほとんど自転車でした。大津や奈良への自転車、琵琶湖も一周しました。夏の思い出と言えば、高3の夏、四国の高知まで行ったことが一番です。早朝4時頃、出発し、国道171号線を西へ、明石海峡も鳴門海峡もフェリーで渡り、初日は徳島県鳴門市まで走りました。翌日は、朝ゆっくり出発し、徳島県南部の日和佐町(現在も美波町)まで。ここでは海水浴をしたり、ウミガメの産卵を見に行ったり、祖母から頼まれたお寺に行ったりして連泊しました。四日目は高知県に入り、室戸岬に泊まりました。五日目は、室戸岬から北西に高知市に入り、高知港から大阪南港まで夜行フェリーに乗って帰るつもりでしたが、前日、日本列島を通過した台風の余波でなんと、そのフェリーは欠航。祖母からもらったお小遣いも使い果たしていたので、高知駅に泊まりました。みなさんは真似しないでくださいね。予定外だった六日目、朝から桂浜に行き、坂本龍馬像に対面しました。坂本龍馬は誕生日と暗殺された日が同じ日(お誕生日に暗殺されたんですよ。)で、その日は僕の誕生日でもあるので、龍馬の生まれ変わりかも?と・・・・。でもそんな人は、365人に一人いますね。龍馬像を見た後、高知港から、昼行フェリーに乗り、大阪南港に夜到着。夜の国道1号線をひた走り、自宅にたどり着いたのは真夜中、日付が変わってました。
〜ここまで〜
   

2022.6.30
 少し前に映画化された ぼくは明日、昨日のきみとデートする を読了しました。切ないお話ですね。読み進めると先に書いてあったことの意味がわかってきたりします。実際にはあり得ないフィクションですが、よくできていますね。京阪電車や叡山鉄道、動物園や新京極、三条や丹波橋、枚方・・・。良く知った場所が舞台なので親しめました。
   

2022.5.31
 ロスト・トレインを読了しました。電車内で読む鉄道本は最高ですね。宇治から京都駅を経て二条までですが、ワクワクしながら読みなした。登場人物の牧村さんと自分が重なったり、平間さんと被ったり、ヒロインである”鉄子の菜月さんとは、どうなるのか?実際に存在する路線や駅、おそらく架空の路線や駅、それらがどちらも対等に扱われていて、どこまでは実在なのか?キリコノモリに思いを馳せました。
   

2022.4.30
 久しぶりの電車通勤。元々”鉄”好きなので、電車を満喫しています。車内ではスマホや読書、進みますね。通勤は、日勤が多いですが、週のうち何日かは夜勤ですので、朝ゆっくりできる時もあります。お昼など食べ過ぎに気を付けないといけないと思っています。
   

2022.3.31
 年度末を迎えました。新年度からは新しい職場で心機一転、もう少し勤めます。これまでとは勤務形態も異なりますので、不安半分、期待半分です。通勤方法も車利用からJR利用に変えます。もともと鉄道好きなので、キラキラの京都駅、コトコト(古都古都)の二条城周辺、毎日が遠足気分で楽しみです。
   

2022.2.28
 今月27日、日本気象予報士会研究成果発表会がZoomで開催されました。今回は、「気象庁ホームページ画像の動画化」という題目で発表させていただきました。昨年2月に気象庁ホームぺージが刷新された画像をいかにして収集するか、またどのような動画コンテンツを作成したかを発表しました。作成した動画は、Youtube,『天空大気』jtmチャンネルで公開しています。
   

2022.1.31
 地球が一回転すれば一日が経過し、それが365回ほどで太陽の周りを一回転して一年が経過します。生き物の寿命は、ある程度決まっていますが、ヒトの場合、産まれてから地球が何回転したか、年齢を数えることで知ることができ、残り地球が何回転すれば、ある程度決まっている寿命に達するのか知ることができます。
 地球の回転を停めたい衝動に駆られますが、そんなことが仮に出来たとしても無駄。寿命の残りはコンスタントに減り続けていくのでしょうね。つまらぬ事を書いてしまいました。
   

2021.12.31
 「お遍路ガールズ」という本を読了しました。2003年2月から2005年5月にかけて、区切り打ちで延べ43日間、約1200kmの歩き遍路をしましたが、札所だけでなく道中の地名など、リアルに描かれたフィクション小説です。できれば歩きでもう一度巡礼したいと思っています。
 年末は九州に出掛けて来ました。阿蘇山や知覧、指宿、桜島、都井岬、帰りには大分県の長湯温泉に立ち寄りました。”くるま旅クラブ”に入会したので、提携施設を利用しようと考えていましたが、施設閉鎖や県外者お断りなど施設を利用できず、結局、高速道路のSAやPA、道の駅を利用することになりました。コロナ禍、早期収束して欲しいものです。
   

2021.11.30
 日本ではコロナ禍が収まりつつあるように思えましたが、月末になってコロナウィルス変異株,オミクロン株があらわれました。13番目の変異株だそうですが、ギリシャ文字の13番めと14番めの2つが飛ばされ、15番めの文字が名付けられたようです。いろいろな方面に配慮されての命名のようですね。
 YouTubeでショート動画(ベータ版)が流行っていますね。僕もこのショート動画を作成して見ました。スマホで簡単に撮れるとのことですが、デジカメで撮影した動画を9:16の縦長サイズにトリミングし、60秒以内にして・・・。手間はかえってかかりました。
   

2021.10.31
 10月末、大台ケ原山に行って来ました。深夜2時頃の到着でしたが、駐車場は、8〜9割埋まっていて、人も多かったです。早朝から行動するつもりでしたが、目覚めると8時をまわってました。ここは本当にいいところですね。これまで何度となく周回した駐車場〜日出ケ岳〜正木ヶ原〜牛石ヶ原〜大蛇ー〜尾鷲辻〜駐車場のルートですが、撮影しながらゆっくり4時間かけて周回しました。
 このページのトップに主な撮影機材など書き換えをしました。みなさまよろしくお願いいたします。
   

2021.9.30
 2021年度も半期が終わりました。時が経つのを早く感じてしまいます。今日で19の都道府県に出されていた緊急事態宣言が解除となりますが、コロナ禍は第六波、それ以降も続くことも予想され、まだまだ安心できません。
 撮影は、車中泊ですので人との関わりは少ないのですが、自粛しつつ、活動も可能な範囲で継続したいと思っています。広い車内空間のヴォクシーに乗り換えましたので、車載冷蔵庫、ポータブル電源など車中泊グッズを買い足しました。
   

2021.8.31
 コロナ禍や相次ぐ台風の襲来や前線停滞などによる大雨で大変でしたが、南東北・北関東と北海道ほぼ一周と旅尽くしでした。移動手段は自家用車でこのひと月で1万kmほど走行しました。2019年1月から3年足らずでしたが、61732km走った愛車ハイブリッドシエンタを手放し、トヨタ ヴォクシーを新車購入しました。
 ヴォクシーは室内空間が広いので、これまでより楽に車中泊できそうです。日本国内でまだまな見残しているところがたくさんありますので、安全走行に努めたくさんの場所を訪れたいと思っています。
   

2021.7.30
 今年2月の気象庁ホームページ リニューアル後、利用でき、また動画化に適したるコンテンツを探っています。よく利用しているものに気象衛星画像や雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)、アメダス、天気図などがありますが、「各種データ・資料」の相当なものです。膨大な気象データのほか、地震や火山などに関しても興味深いものを引き出して生きたいと思っています。
   

2021.6.30
 「積乱雲に伴う対流の可視化映像」の研究成果が認められ、日本気象予報士会「木村賞」を受賞し、2021年6月19日(土)日本気象予報士会第12期定時社員総会(Zoom開催)のあと授賞式が行われました。
You Tube公開している『降水セルに伴う ”収束流” と ”発散流”』などの動画をもとに解析しました。
https://youtu.be/he4EzEvi-YQ
みなさま誠にありがとうございました。
   

2021.5.29
 日本テレビ THE突破ファイルという番組で、「だるま夕日 〜下位蜃気楼,5倍速〜」の映像を使っていただきました。2019年台風第19号(ハギビス)の襲来によって、列島各地で大きな被害が出ましたが、なかでも千曲川の増水、氾濫によるものは甚大でした。番組ではおそらくこの時の危機を取り上げられたものと思います。番組内容はあるスーパー屋上に取り残された100名を方々を救うべく、手を尽くすも日没を迎え、救助は翌日に。このような筋書きの中で、日暮れをイメージさせるシーンでのご使用でした。エンドロールでは「jtmチャンネル」の字幕を流してくださいました。
 他にもいくつかテレビなどで使っていただいた映像がありますので、「Media」のページを新設しました。
   

2021.4.30
 Youtubeチャンネル,『天空大気』jtmチャンネルのプロフィール写真を差し替えました。ながらく自作した『天空大気』のロゴマークを使っていましたが、描いていただいたものを使わせていただきました。ありがとうございます。
 Youtubeは、初投稿が2012年5月7日でしたので、もうすぐ9年になります。再生回数は、35万回を超え、チャンネル登録してくださった方は500名を超えました。いろいろな方々に視聴していただき、大変うれしく思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
   

2021.3.31
 今年は季節の移り変わりが早いですね。気が付けば、桜は散り始めてました。慌ただしい年度末年度初めや見送り見送られも、あと何回越せるのかと思うと寂しい気持ちも・・・。
 そんなことよりコロナ禍が大変ですね。地震や火山、台風や大雨、巨大隕石の到来、などなど様々な災害を案じていましたが、ミクロなウィルスが人類をこれほど混乱させるとは、過去、人類は新たなウィルスに苦しめられてきましたが、それが今、実社会で起こっているとは、何が起こるのか、未来の予測は本当に難しいことが分かりました。
   

2021.2.28
 日本気象予報士会第13回研究成果発表会が、Zoomでリモート開催され、「積乱雲に伴う対流の可視化映像」を発表しました。ここ数年は気象庁講堂で行われていましたが、コロナ禍で早々にリモート開催となる旨が発表されていました。東京での開催は時間もコストもかかりますが、今回は自宅に居ながら参加できましたので、例年より参加者も多かったでしょうか。時間の制約もあり、要旨ていたコンテンツを全て出せませんでしたので、どこかで本事例は発表したいと思っています。
   

2021.1.31
 YouTubeの視聴数が、今年になって急に伸び始めました。特に何かをした訳ではありませんが、年明け直後、一日の視聴回数が5000回超え、総再生時間が200時間超え,が数日続きました。今は落ち着いて、一日の視聴回数は1200回ほど、総再生時間は45時間ほどになりました。チャンネル登録者数も300人を超え400人に近づきました。急に増えた理由はよくわかりませんが嬉しい限りです。みなさまありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
   

2020.12.31
 年末は西南四国に出掛けて来ました。このあたりは2004年早春に訪れましたので16年ぶりでした。竜串海岸は海食と隆起により、いくつもの奇岩が見られました。足摺岬では、金剛福寺や灯台のほか、見どころの多いところです。中浜町にはジョン万次郎氏の生家や記念碑などがありました。四国西南部のほか、大洲や内子を巡り、しまなみ海道を経て帰宅しました。コロナ禍なので、ほとんど人と会うこともありませんでした。
   

2020.11.30
 今月は、京都駅前運転免許更新センターに行って来ました。また五年間、事故なく安全運転に努めたいと思います。今年9月、高速道路で”飛び石”に遭いました。小さな傷でしたが、だんだんと傷が拡がってきましたので、フロントガラスを交換することにしました。車両保険が使えますが、免責5万円がかかります。
   

2020.10.31
 先日、熊野古道中辺路の発心門王子から熊野本宮大社の間、歩いてきました。熊野本宮からバスで終点の発心門王子まで乗ります。発心門王子は、このバス停から400mほど奥にあります。往復すると15分ほどかかりますが、,立ち寄ることをお勧めします。発心門王子から、中間地点の伏拝王子までほぼ舗装路です。このあと古道らしく地道となります。木製の橋をわたり、三軒茶屋跡を過ぎ、緩い坂を上り、「ちょっとよりみち展望台」に出ました。ここからは「大斎原の大鳥居」が見え、ルート上で最も見晴らしの良いところでした。この先、坂を下り、民家の間を抜け、熊野本宮大社裏鳥居から大社境内に入りました。
 熊野古道は、なかなかいい道です。近いうちに動画化したいと思っています。
   

2020.9.30
 北海道道東の動画を順次、製作中です。が、なかなか先に進みません。まぁ、そう急ぐこともないので、ぼちぼち作っていきます。秋は、お山の紅葉が楽しみです。
 時間の許す範囲で、各所で撮影したいと思っています。
   

2020.8.31
 この夏は、北海道道東に行ってきました。道東は20年ぶりでした。美幌峠や硫黄山、摩周湖、阿寒湖、オンネトー、原生花園や知床、野付半島、納沙布岬、霧多布、釧路などなど。火山や温泉など巡って来ました。動画製作し、You Tubeに挙げていますが、なかなか時間が取れません。
   

2020.7.31
 You Tubeチャンネルに再生リストを作成し、分類しました。リストの数は現在、54です。なかなか大変な作業でした。You Tubeの「jtmsk」に来られましたら、再生リストのボタンを押してみてください。また、「2012年8月18日京都府宇治市で観測した雲内放電」の再生回数が1万回を超えました。
 この夏は、コロナ禍の影響で、休業期間が短くなりました。短い期間ですが、火山や湖を巡ったり、少しは登山もして、温泉に入り・・・、しばらく過ごしたいと思います。
   

2020.6.30
 この六月、沼津・伊豆半島を訪れました。沼津の深海水族館、なかなかおもしろい所です。珍しい深海の生き物が見ることができましたが、付近には、飲食店やお土産物屋など、久し振りに賑わいを見ました。また、浄蓮の滝や旧天城トンネルも見に行きました。今でこそ、トンネルが通じていますが、かつて下田など南伊豆は遠いところだったと実感しました。
   

2020.5.31
 緊急事態宣言は、解除されたものの、まだまだ、もとには戻れていません。6月から多くの府県で学校も通常再開されますが、コロナ対策で大変そうです。海外諸国では、コロナ第二波も起こっているようで油断なりません。
 このような状況、もうしばらく続くようです。数年の後には、こんなこともかつて、あったと思いだすようなことになれば、と思っています。2009年は、新型インフルエンザ大流行で、多くのも行事や催しが中止となりました。
日本では蔓延しませんでしたが、SARSやMERSなど呼吸器感染症が世界で流行しました。
   

2020.4.30
 別サイトとして開設している「空と雲の記録」の改訂を進めています。このサイトでは、You Tubeに挙げた空や雲の動画へのリンクを貼っています、You Tubeへは、空や雲以外の動画も公開していますが、You Tube内では動画カテゴリーの整理が思うようにならず・・・、そこで独自サイトで動画を整理することにしました。
 「空や雲の記録」のほか、「大地と海の記録」、「宇宙と星の記録」を立ち上げました。まだすべての作業を終えた訳ではありませんが、「大地と海の記録」では、僕が訪れた火山やお山、特徴的な地質や岩石、海岸地形などYou Tubeに挙げた動画へのリンクをほぼ貼り終えました。
   

2020.3.31
 今年大変なことになっています。外出自粛や集会の中止、延期・・・。
 桜のハイシーズンを迎えていますが、地元宇治の商店街通りは人影疎ら、京都市内の各所も車まで見て回りましたが、閑散としていました。
 この難局をなんとか乗り切り、通常の日本に戻り、国内はもとより海外からも美しい日本の風景見てもらい、それを基盤とした産業や関連の業界も復興して欲しいと思います。
   

2020.2.29
 新型コロナウィルスが流行っています。巷ではマスクが売り切れ、各地のイベントや催し物が中止され、学校は休校になり、ニュースを見るとコロナウィルス拡大のことが国内外で感染者数や死亡者数が報じられ・・・、まさか本当に感染症でこんな事態になるとは思いませんでした。一刻も早くワクチンや特効薬ができますことを願います。
 2月23日(日)は、日本気象予報士会第12回研究成果発表会が、気象庁講堂で開催され、「花崗岩地帯における土砂災害の一考察」を発表させていただきました。発表後、多くのコメントや感想、アドバイスをいただきました。ありがとうございます。さらに研究をすすめたいと思っています。
   

2020.1.31
 今年の元日は、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2020」を利用して、博多、岩国、広島と訪問してきました。博多では住吉神社・櫛田神社、岩国は錦帯橋・岩国城、広島は原爆ドームと巡りました。
 また、「青春18きっぷ」二日分を利用し、夜行バス、レンタカー、新幹線などを利用し、1/4〜6にかけて、山形県鶴岡市の加茂水族館や湯殿山大日坊瀧水寺などを訪れました。
 これらの様子も順次、YouTubeに挙げていきたいと思っています。
   

2019.12.31
 今年も九州、北海道・・・と国内いろいろと訪問しました。北海道は数年ぶりでしたが、見残していたところで訪れることができました。この年末は、広島県、島根県に行って来ました。広島は、2014年に土砂災害が発生した安佐地区に、島根県は予てから行って見たかった、石見銀山と美保関に行って来ました。
 今年、中山道 最後の行程の草津→三条大橋をい歩きたかったのですが、2020年に持ち越しとなっていましました。来年は、これを歩き終えてしまいたいと思っています。
   

2019.11.30
 今秋も紅葉など撮影に出掛けましたが、編集にけける時間がなかなか取れません。折にふれ、動画制作したいと思っています。
 桜島、ここ数か月前から噴火活動が盛んになってます。阿蘇山も引き続き、火山活動が活発です。そのほか、新燃岳や口永良部島、諏訪之瀬島なども。被害が出ないことを願います。
   

2019.10.31
 管理しているYouTubeのサイト,jtmsk、のチャンネル登録者数が3ケタになりました。10/31現在でちょうど100名です。数か月前に視聴回数は、10万回を超え、この「稜線の記」の訪問者数をはるかに超えました。
動画は、やはり影響力大きいなぁ、と感じています。
   

2019.9.30
 ちょっと花崗岩に凝っています。白黒の斑で青味がかったものや赤味がかったもの綺麗で、建材としてビルの外壁や石碑としても広く用いられています。今月は、久しぶりに丹後へ行き、宮津花崗岩を撮影してきました。
 京都府内では、宮津のほか、瑠璃渓や花脊、笠置山、大文字山などに、また六甲山や太神山などに分布しています。それらも撮影したいと思っています。
   

2019.8.31
 北海道に行って来ました。予定した通り、大雪山旭岳、樽前山を登り、十勝岳周辺や美瑛、積丹半島など巡ってきました。なかでも樽前山、眼前の溶岩ドームは迫力あるものでした。また樽前山周辺は原生林が残され、北海道らしい景観でした。
 帰路、新潟港に入りましたが、浅間山が噴火したとのことで、立ち寄って撮影しました。噴火は小規模でしたが、この噴火も、際立った前兆なく発生したようで、この後も引き続き、大きな災害とならないよう願うばかりです。
   

2019.7.31
 この夏は、北海道へ行って来ます。道内で登り残しているお手軽ないくつかのお山で撮影してきます。大雪山旭岳、樽前山・・・、その他、道央の美瑛や富良野、十勝岳周辺、道南では、支笏湖、積丹半島などを考えています。
   

2019.6.30
 6月22日千島列島 雷公計(ライコケ)島で火山噴火がありました。気象衛星 赤外及び可視画像(日本域)でその噴煙を確認することができました。画像上でも噴煙の到達距離は500kmを超え、可視画像では褐色で白く見える雲と明瞭に判別できます。
 このような噴火が、もし阿蘇山で起こったら・・・、富士山で起こったら・・・、相当な被害が国内で生じてしまいそうです。地震に関しても、また台風や前線による豪雨にしても起こり得る可能性は、常に念頭に置くことが肝要と思いました。
   

2019.5.31
 ”令和”の時代が始まりまた。漢字二文字でいろいろな元号が予想されていましたが、思い付きませんでした。いい時代になれば、と思います。5月は、上層雲が見られ、太陽に暈がかかることが多かったです。あちこちで日暈(ハロ)を撮影しました。
   

2019.4.30
 3月末、西九州に出掛けてきました。雲仙普賢岳や島原、諫早湾や武雄、伊万里、下関や宮島など立ち寄ってきました。4月末で”平成”が終わりますが、この時代は、日本国内において、戦争はなかったものの多くの自然災害に見舞われました。大きな被害をもたらした平成の自然災害は、平成3年(1991年)の大火砕流やその後の土石流から始まったように思います。
 このあと、地震災害では、平成7年(1995)兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)をはじめ、平成16年(2004年)新潟県中越地震、平成28年(2016年)熊本地震、平成30年(2018年)北海道胆振東部地震、火山では、雲仙岳のほか、平成26年(2014年)御嶽山、草津白根山、西之島、九州では口永良部島、諏訪之瀬島、霧島山、桜島、阿蘇山など火山活動が盛んでした。
 さらに気象災害では台風による大雨や暴風、梅雨前線や大気不安定による大雨、また竜巻等や豪雪などさまざまな災害が発生しました。
 新しい時代”令和”が始まりますが、より精度高く予報され、防災・減災の意識が高まることを願うばかりです。
   

2019.3.31
 来年度、放送大学大学院文化科学研究科修士選科生として再入学します。一昨年前まで修士全科生として在籍していましたが、新たな科目が開講され、是非、それを履修したく思いました。第1学期は「宇宙、地球、そして人類(’18)」を登録しました。オンライン授業です。第2学期も、オンライン授業の「地球を読み解く(’19)」を登録する予定です。
 放送大学大学院教育研究成果報告[学生論文集]Open Forum No.15が発刊されました。修士論文としてまとめた「」2009年8月1日に京都府宇治市で発生したダウンバーストの解析」を研究ノートとして、掲載していただきました。ありがとうございました。
   

2019.2.28
 2月24日(日)は、日本気象予報士会第11回研究成果発表会が、気象庁講堂で開催され、「台風1820号について,定点観測データによる レインバンドの解析」を発表させていただきました。質疑応答や休憩時間、懇親会でもたくさんのアドバイスやコメントをいただきました。ありがとうございます。さらに研究をすすめたいと思います。
 今年度は、放送大学教養学部に選科履修生として入学し、第1学期は「はじめての気象学」、第2学期は「ダイナミックな地球」を履修し、単位習得しました。
   

2019.1.31
 東の空が賑やかです。朝方、木星に続いて、金星、土星と昇ってきます。それに新月前の細い月も加わると、なお一層、華やかです。今月は、6日の日中、部分日食があり撮影しました。予てから欲しかった超望遠レンズ(シグマ製150〜600mm,1.4倍テレプラス付き)を購入したので、それも試しました。
 また、toyota wish,2009年5月に新車購入し、12万km余り走行しましたが、今月末、車両入替し、シエンタに乗り換えました。ハイブリッドカーでエンジン音は確かに静かですが、タイヤと路面との摩擦音やウィンドを閉めていても風切音など、当然、ノイズはあるものでした。10年ほどで車はかなり進化しており、驚きました。
   

TOPへ戻る

inserted by FC2 system