中山道 六十九次

2018年1月21日(日) 19日目

<写真1 JR宇治駅>
    ★近江鉄道 鳥居本駅へ★

 2018年1月21日(日)7:45自宅を出発。JR彦根駅までの乗車券を購入し、JR宇治駅<写真1>の改札を通り、京都方面行きホームに到着。7:59発の快速電車に乗車した。

 8:17 JR京都駅に到着、2,3番ホームに向かった。3番線には湖西線堅田行き普通電車が止まっていた。しばらくして2番ホームに入線した8:30発米原行きの新快速に乗車した。

 9:21JR彦根駅に到着。170円区間の乗車券<写真2>を購入し、近江鉄道に乗車した。9:31出発、黄色い車体の近江鉄道の車内<写真2>はガラガラだった。

                       中山道写真集へ 

<写真2 170円区間の乗車券>

<写真3 近江鉄道の車内>

<写真4 鳥居本駅駅舎>
         
・・・ 鳥居本宿から高宮宿へ 5.9km ・・・

    ★鳥居本宿→小町塚★

 9:36近江鉄道 鳥居本駅に到着した。この駅で降りたのは、僕のほか一人だけで、黄色い車体に「鉄道むすめ」がペイントされた電車を見送った。

 鳥居本駅駅舎<写真4>をあとにし、中山道<写真5>に合流した。鳥居本宿案内館の「さんあか」では、ひこにゃん<写真6>に出迎えられた。

 9:51街道は分岐しており、道標<写真7>が立てられていた。右 彦根道、左 中山道とあり、下に小さく、京 いせ と書かれていた。交通の要所であった彦根は迂回するようであった。

<写真5 中山道>

<写真6 ひこにゃん>

<写真8 マンホール>

<写真7 道標>

<写真9 水路>
    ★小町塚→高宮宿★

 小野川に沿って中山道を南下した。オレンジ色をベースに赤い消防車が描かれたマンホール<写真8>があった。遠くからも見え、存在感が大きい。

 街道の左側には水路<写真9>があり、勢いよく水が流れていた。街道から2,3段の階段がつけられており、水は様々に利用できるようだった。

 鐘突堂、聖谷、八幡神社などの史跡を過ぎ、10:14小町塚<写真10>に到着した。塚の敷地内には、お堂、石碑と案内板が置かれていた。

<写真10 小町塚>

<写真11 芹川>

<写真12 >
    ★小町塚→高宮宿★

 小町塚を出発し、新幹線高架橋をくぐり、五百羅漢像を越え、さらにファミリーマート、フレンドマートの前を通過した。これらがあると街に入ったと感じると人気は少なかった。

 10:52芹川<写真11>の大堀橋を渡り、旭森公園<写真12>に入った。園内には中山道旧跡「床の山」が、ゲートボールを楽しまれていた。石清水神社を過ぎ、11:12近江鉄道の踏切<写真13>を渡った。

 11:23高宮宿大鳥居<写真14>に到着した。鳥居のほか、石灯篭、街灯、提灯を並べ売っている店など、高宮宿の街道<写真15>を歩いた。

<写真13 近江鉄道の踏切>

<写真14 高宮宿大鳥居>

<写真16 むちんはし>

<写真15 高宮宿の街道>

<写真17 松林の道>
・・・ 高宮宿から愛知川宿へ 7.8km ・・・

    ★高宮宿→豊郷★

 高宮宿を出発し、11:32犬上川のむちんはし<写真16>を渡った。かつて橋を渡るのにお金がかかったが、この橋は無賃だったとのことである。

 彦根中を過ぎると街道に沿って、いくつもの宗派の寺院が並び、その先には、松林の道<写真17>が続いていた。出町を過ぎ、12:40豊郷小学校旧校舎<写真18>に到着した。

 旧校舎内には、教室や講堂など当時のまま残されていた。建物は木造り暖かい雰囲気だった。階段の手摺り<写真19>には、兎と亀が置かれていた。

<写真18 豊郷小学校旧校舎>

<写真19 階段の手摺り>

<写真20 天ぷらうどん>
    ★豊郷→愛知川宿★

 豊郷小学校旧校を出発し、13:29街道沿いの玉屋に入った。昼食として、天ぷらうどん<写真20>を注文した。寒い日だったので、えび天二本は有り難かった。

 13:57玉屋を出発。天椎彦神社、江州音頭の郷、千樹禅寺を過ぎ、街道を歩いた。飛び出し注意<写真21>の看板があった。人も車も互いに注意したい。

 14:18宇曽川の歌詰橋<写真22>を渡った。南東方向には鈴鹿の山々が見えた。石橋付近では街道に緑のベルト<写真23>が敷かれていた。歩行者を保護されているようである。

<写真21 飛び出し注意>

<写真22 歌詰橋にて>

<写真24 愛知川宿の大看板>

<写真23 緑のベルト>

<写真25 厚いお茶>
・・・ 愛知川宿から五箇荘駅へ 3.8km 計17.5km 累計487.0km・・・

 14:45愛知川宿の大看板<写真24>をくぐり、14:50恵智の駅に立ち寄った。ここで熱いお茶<写真25>をいただいた。中山道を歩かれる人にお茶を提供されている。階段には、びんてまりが展示されていた。

 15:10恵智の駅を出発した。路面は濡れていた。休んでいる間に少し降ったようだ。15:18街道は国道8号線と合流した。ここにも愛知川宿の大看板があった。ここまでが愛知川宿のようである。

 15:28御幸橋<写真26>を渡った。この橋も、”むちんばし”「無料で渡ることができる橋」で、1831年(天保二年)に、町人 成宮弥次右衛門らによって架けられたとのことである。

<写真26 御幸橋>

<写真27 東近江市入り>

<写真28 近江鉄道の踏切>
   ★帰路★

 橋を渡り切り、東近江市<写真27>に入った。近江鉄道の踏切<写真28>を渡り、住宅街の続く道を南西方向に向かって歩いた。

 予定では、近江鉄道の武佐宿まで歩くつもりだったが、雨に見舞われてしまい、情けないことに傘はない。少し戻ることになるが、近江鉄道五箇荘駅<写真29>に向かった。

 16:02発の近江八幡行きに乗車した。単線<写真30>である。運賃は580円<写真31>と乗車距離の割には高くついた。16:29近江八幡駅到着。16:36発の新快速<写真32>に乗車し、JR京都駅を経由して帰宅した。


    近江鉄道五箇荘駅

<写真29 近江鉄道五箇荘駅>

<写真30 単線>

<写真32 新快速>

<写真31 運賃は580円>
2018.1.21(日)の会計 金額
JR宇治→彦根 1320円
近江鉄道 彦根→
鳥居本
170円
玉屋 天ぷらうどん 700円
近江鉄道 五箇荘→
近江八幡
580円
JR近江八幡→京都 670円
JR京都→宇治 240円
3680円
累計 259409円
★ 18日目のページに戻る click ! ★ ★ 20日目のページに進む click ! ★

中山道写真集へ

2018年7月28日 記


           
中山道記録へ戻る TOPへ戻る
inserted by FC2 system